WordPress

WordPress★一般設定からWordPressアドレスを間違って入力した場合の対処法

投稿日:

ダッシュボードからWordPressのアドレスを設定できるが、「WordPressアドレス」を間違って変更してしまった場合、サイトが正しく表示されないのはもちろん、管理画面にもアクセスできなくなる。

そうなった場合の対処法をメモ。

この問題の解決方法は2通りあるらしい。
1)定数を定義する
2)MySQLのデータを書き換える

定数を定義する

間違って設定した変数は、WordPressに定数として定義されてるので、これを書き換えることでwordpress アドレス (url)サイトアドレス (URL)をプログラム上で上書きできる。

WordPressに wp-config.php というファイルがあるので、ファイルの一番下にdefineを追記する。

追加したら、wp-config.phpを保存して管理画面に移動すると、管理画面が表示できるようになっているはず。

しかし、こうしてとりあえず表示できた管理画面からは、wordpress アドレス (url)サイトアドレス (URL)がグレー表示になっていて、変更できない!
そのまま画面下の「変更を保存」ボタンを押してから、wp-config.phpを元に戻してアクセスすると、やはりエラーがでて表示もログインもできないままだった。

 

MySQLのデータを書き換える

最終手段はこれ。
MySQLのデータを直接書き換えること。

wp_optionsテーブルにWordPressの設定が入っている。
option_nameがsiteurlhomeのところが該当箇所。

phpMyAdminで編集する。
データベースのIDとパスワードでログイン。
wp_optionを探して表示マークをクリック。


siteurlWordPressアドレス
homeサイトアドレス
に相当する。それぞれ、項目の横にある鉛筆マークをクリックすると編集できる。

正しいアドレスを入力して実行するボタンを押す。

 

無事に復元できた〜!!!! ホッ。





-WordPress

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

no image

WordPressでメルマガ発行するときのプラグイン

WordPressでメルマガを発行したいとのリクエストを受たのでプラグインをいろいろと探してみました。 以前に書いた「Mail Poet」はすごく使い勝手がよくて良さそうだったのですが、Gmail経由 …

WP★吹き出し風デザインをCSSだけでやる方法

このページのもくじ ワードプレスでプラグインを使わずに、 HTMLとCSSだけで下のような感じの会話風レイアウトの作り方。手順はこちらもっと便利に! ワードプレスでプラグインを使わずに、 HTMLとC …

WP★サブディレクトリにインストールしたWordPressをルートディレクトリに表示する方法

WordPress のファイルってフォルダやファイルがたくさんあって、サーバー内がゴチャゴチャしてしまいます。 これらをドメイン直下のドキュメントルートディレクトリに散らかしたくない場合は、新規インス …

WordPress|Twenty Nineteen 固定ページをカスタマイズするときに編集するファイル

themes > Twenty Nineteen > page.phpファイルを複製 複製してできたpage copy.phpファイルを子テーマのフォルダに移動 page copy.php …

no image

「SyntaxHighlighter Evolved」が「TinyMCE」を使うとコード表示されない!

記事内にソースコードをそのまま表示させるには「SyntaxHighlighter Evolved」というプラグインがよく使われていますが、ビジュアルエディタを使っていると、これがうまく表示されない。 …