WordPress

WordPress|Twenty Nineteen 固定ページをカスタマイズするときに編集するファイル

投稿日:2019年2月7日 更新日:

  1. themes > Twenty Nineteen > page.phpファイルを複製
  2. 複製してできたpage copy.phpファイルを子テーマのフォルダに移動
  3. page copy.phpをpage-スラッグ名.phpファイル名を変更します
    例)page-home.php
  4. ファイルを開き、Templage Name: ○○○を加えます。
  5. 編集する固定ページを開く、または、新しく作成します。
    「文書」>「ページ属性」から先ほどのテンプレート名を選択すると、その固定ページのレイアウトは、page-スラッグ名.phpのファイルがテンプレートとなります。
  6. WordPressの固定ページの中身をさらに細かくカスタマイズするには、「template-parts」>「content-page.php」ファイルを調整します。このファイルの内容がpage.phpをとおして吐き出されています。
    ↓ page.phpを開いたところ

    ↓ template-partsフォルダのディレクトリ

    下の四角く囲った<header>から</heasder>までの部分が、固定ページのページタイトルに相当します。この部分を削除すると、固定ページのタイトルが表示されなくなります。page.phpとcontent-page.phpの関係を保つようにファイル名を調整して、新たなテンプレートを制作していきます。
    ↓ content-page.phpを開いたところ





-WordPress

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

no image

WordPress★インストール後にやっておきたい設定

・パーマリンクの設定 方法1 「/%category%/%postname%/」のように、”カテゴリ+記事タイトル”を使う 方法2 「設定」>>「パーマリンク設定」を開きます。 「一般的な設定」欄で、 …

WPプラグイン「Crayon Syntax Highlighter」のテーマ一覧

WordPressでコードを表示させるプラグインで「Crayon Syntax Highlighter」というのがあります。表示させるテーマもたくさんあって便利なのですが、どのテーマがどんな風にみえる …

no image

「SyntaxHighlighter Evolved」が「TinyMCE」を使うとコード表示されない!

記事内にソースコードをそのまま表示させるには「SyntaxHighlighter Evolved」というプラグインがよく使われていますが、ビジュアルエディタを使っていると、これがうまく表示されない。 …

WP★フロントページの画像の高さを変更する★Twenty Seventeenをカスタマイズ06

フロントページの画像の高さを変更する 1)管理者としてログインし、ダッシュボード左サイドのメニューから「外観」>「カスタマイズ」へ移動します。 2)メニューから「追加CSS」をクリックし、下記のコード …

WordPress★アイキャッチ画像を自動で設定してくれるプラグイン

  WordPressで記事の投稿時に、自動でアイキャッチ画像の設定をしてくれるプラグインといえば「Auto Post Thumbnail」が有名ですが、最近はなぜかうまく動作してくれず使用 …

サイト制作・グラフィック制作をしているデザイナーです。制作で躓いたことの備忘録としてこのブログを始めました。
たくさんの検索結果から、実際に何度も何度も自分で試してみて、自分に合うなと思った方法やうまくいった方法をこのブログに書き留めています。
プログラム関係のことはもっぱらコピペ派。
自分でゴリゴリ書くことはできません。。。プログラムが分かる人がうらやましいです。
そんな私でもなんとかサイト制作ができるのはグーグル先生と貴重な情報をおしげもなく公開してくださっているたくさんの方々のおかげ。
有志のみなさまに日々感謝しつつ制作させていただいています。

メタ情報