WordPress

WordPress|Twenty Nineteen 固定ページをカスタマイズするときに編集するファイル

投稿日:2019年2月7日 更新日:

  1. themes > Twenty Nineteen > page.phpファイルを複製
  2. 複製してできたpage copy.phpファイルを子テーマのフォルダに移動
  3. page copy.phpをpage-スラッグ名.phpファイル名を変更します
    例)page-home.php
  4. ファイルを開き、Templage Name: ○○○を加えます。
  5. 編集する固定ページを開く、または、新しく作成します。
    「文書」>「ページ属性」から先ほどのテンプレート名を選択すると、その固定ページのレイアウトは、page-スラッグ名.phpのファイルがテンプレートとなります。
  6. WordPressの固定ページの中身をさらに細かくカスタマイズするには、「template-parts」>「content-page.php」ファイルを調整します。このファイルの内容がpage.phpをとおして吐き出されています。
    ↓ page.phpを開いたところ

    ↓ template-partsフォルダのディレクトリ

    下の四角く囲った<header>から</heasder>までの部分が、固定ページのページタイトルに相当します。この部分を削除すると、固定ページのタイトルが表示されなくなります。page.phpとcontent-page.phpの関係を保つようにファイル名を調整して、新たなテンプレートを制作していきます。
    ↓ content-page.phpを開いたところ

本サイトの内容に誤りや不正確な記述がある場合やサンプルに基づくいかなる結果も一切の責任を負いかねますので、あらかじめご了承ください。

-WordPress

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

サイト内で別ページの特定場所にリンクを貼るには

  サイト内で別のページの特定の箇所にリンクを張りたいとき。 エディターの「リンク」ボタンでは、別ページにはリンクを貼れますが、リンク先の特定の箇所を指定できません。 長いページの場合、リン …

WordPress★ページごとに個別のCSSを読み込ませる方法★編集画面下にCSSを入力するエリアをつくる

WordPressはCSSを「style.css」に記述していくのが一般的な方法。 一つのファイルにまとめて書くとものすごい量になってしまうので、もっとスッキリさせたい! ページごとに読み込む方法はい …

wordpress★今回の案件で採用したプラグイン【2020年】

今作っている案件に入れたプラグインのメモ。 完全に自分用です。。。。 このページのもくじ これから追加予定のプラグイン今回追加したプラグインもともと入っていたプラグイン これから追加予定のプラグイン …

WordPress★一般設定からWordPressアドレスを間違って入力した場合の対処法

ダッシュボードからWordPressのアドレスを設定できるが、「WordPressアドレス」を間違って変更してしまった場合、サイトが正しく表示されないのはもちろん、管理画面にもアクセスできなくなる。 …

WordPress★特定のページだけに「ある要素」を表示させたいとき

WordPressで、特定のページだけに「ある要素」を表示させたいときの テンプレートファイルへの書き方。 このページのもくじ テンプレートファイル内の要素を表示させたい箇所に記述複数の「要素」を複数 …

サイト制作・グラフィック制作をしているデザイナーです。制作で躓いたことの備忘録としてこのブログを始めました。
たくさんの検索結果から、実際に何度も何度も自分で試してみて、自分に合うなと思った方法やうまくいった方法をこのブログに書き留めています。
プログラム関係のことはもっぱらコピペ派。
自分でゴリゴリ書くことはできません。。。プログラムが分かる人がうらやましいです。
そんな私でもなんとかサイト制作ができるのはグーグル先生と貴重な情報をおしげもなく公開してくださっているたくさんの方々のおかげ。
有志のみなさまに日々感謝しつつ制作させていただいています。