WordPress

WordPress★「Pixabay images」に変わるプラグイン

投稿日:

WordPressを最新版にアップデートしたら、プラグイン「Pixabay images」がブロックエディターに対応していない。
そこで、代わりになるプラグインを探してみた。

googleで検索すると、良さそうなのが2つ見つかった。

  • Pixabay Free Images
  • WPC Pixabay

このページのもくじ

WPC Pixabay

残念ながら、現在は公式サイトから消えている。

有料となるが、このプラグインの公式サイトがあったので、メモしておく。
https://wpclever.net/downloads/wp-pixabay

このプラグインは、https://pixabay.com にサインアップして、APIキーを取得。画像はダウンロードせずに、リンクしてサイトに埋め込みます。画像をダウンロードしないので、自分のサーバーに対する負荷は軽減されるけど、リンク切れとかのチェックは必要になるかも。

Pixabay Free Images

使い方

  1. プラグインを有効化すると、WordPressの管理画面の「メディア」に「Download Images」という項目が増えるので、それを選択。

  2. 「Search your favorite images…」とある枠の中に検索したいワードを入力して、画像一覧をみながら気に入った画像をクリック。
    画像の下の「Download」の文字をクリックすると、メディアライブラリに保存される。

  3. 「投稿」へ移動して、画像ブロックから先ほど保存したイメージを読み込む。

まとめ

以前のように編集画面からそのままイメージを検索して配置というわけにはいかなくなったけど、フリー画像を使うには、今はこの方法だけかなぁ。。。
というわけで、当分は Pixabay Free Images を使ってみます!

本サイトの内容に誤りや不正確な記述がある場合やサンプルに基づくいかなる結果も一切の責任を負いかねますので、あらかじめご了承ください。

-WordPress

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

ContactForm7のフォーム作成時に出るエラー「複数のフォームコントロールが単一の label 要素内に置かれている」を解消する

WordPressでは超有名なフォームプラグインの Contact Form 7。 新しくフォームを作成するにはコードを編集する必要があります。 コード編集といっても簡単で、初心者でもそんなに困ること …

WordPress|Twenty Nineteen 固定ページをカスタマイズするときに編集するファイル

themes > Twenty Nineteen > page.phpファイルを複製 複製してできたpage copy.phpファイルを子テーマのフォルダに移動 page copy.php …

WordPress|twenty seventeen カスタマイズ|フッターの「Proudly powered by WordPress」を変更したい!

デフォルトで表示されている「Proudly powered by WordPress」を変更するファイルはテーマフッター「footer.php」ではありません。 「themes/twentyseven …

wordpress★今回の案件で採用したプラグイン【2020年】

今作っている案件に入れたプラグインのメモ。 完全に自分用です。。。。 これから追加予定のプラグイン Advanced Custom Fields カスタムフィールドを追加するプラグイン。 今回追加した …

WordPress★一般設定からWordPressアドレスを間違って入力した場合の対処法

ダッシュボードからWordPressのアドレスを設定できるが、「WordPressアドレス」を間違って変更してしまった場合、サイトが正しく表示されないのはもちろん、管理画面にもアクセスできなくなる。 …

サイト制作・グラフィック制作をしているデザイナーです。制作で躓いたことの備忘録としてこのブログを始めました。
たくさんの検索結果から、実際に何度も何度も自分で試してみて、自分に合うなと思った方法やうまくいった方法をこのブログに書き留めています。
プログラム関係のことはもっぱらコピペ派。
自分でゴリゴリ書くことはできません。。。プログラムが分かる人がうらやましいです。
そんな私でもなんとかサイト制作ができるのはグーグル先生と貴重な情報をおしげもなく公開してくださっているたくさんの方々のおかげ。
有志のみなさまに日々感謝しつつ制作させていただいています。