WordPress

WP★サブディレクトリにインストールしたWordPressをルートディレクトリに表示する方法

投稿日:

wordpress

WordPress のファイルってフォルダやファイルがたくさんあって、サーバー内がゴチャゴチャしてしまいます。
これらをドメイン直下のドキュメントルートディレクトリに散らかしたくない場合は、新規インストール時に WordPress ファイル一式を専用ディレクトリにまとめて置くとすっきりします。
けれども、このままではドメイン名でアクセスしてもインストールしたWordPressは表示されません。
URLは、「ドメイン名/サブディレクトリ名」となってしまいます。

データは散らかしたくないけど、トップページはドメイン直下で表示されるようにしたい。

言い換えると、

WPの本体のデータはサブディレクトリにあるけど、ネットからのアクセスは独自ドメイン名だけでできるようにしたい!というときの方法です。

 

専用ディレクトリにWPをインストール

ルートディレクトリ=独自ドメイン名のURL

(例)http://www.expample.com

サブディレクトリ=ルートディレクトリの中に追加する階層

(例)http://www.expample.com/sub
   http://www.expample.com/sub/…

WordPressを独自ドメインで使用する場合、
ルートディレクトリにインストールすると、
サイトのアドレス(URL)は、

http://www.expample.com

となります。
サブディレクトリー「sub」を作成し、
そこへインストールすると、
サイトのアドレス(URL)は、

http://www.expample.com/sub

となり、このままでは「独自ドメイン名/サブディレクトリ名」
でアクセスしないとインストールしたWordPressは表示されません。

このままの状態で、「http://www.expample.com/」から表示させる方法です。

トップページをドメイン直下で表示させる

(1)WordPressの管理画面で 「設定」 > 「一般設定」を開く。
0126

(2)サイトのアドレス (URL) 欄を、ルートディレクトリの URL に変更する。
0126_1

(3)変更を保存をクリック。
ページ下部にある「変更を保存」ボタンをクリックします。
0126_2

重要:この時点ではエラーメッセージが出ても気にせず、サイトを表示しようとしないでください! おそらく「ファイルが存在しない」というメッセージが出るはずです。

(4)WordPress ディレクトリにある index.php .htaccess ファイルを、サイトのルートディレクトリ(「サイトのアドレス」)へコピーする。
移動ではなくコピーすることに注意!
コピー先のディレクトリ名はおそらく www や public_html でしょう。

(5)ルートディレクトリ index.php ファイルを編集する。
ルートディレクトリの index.php ファイルをテキストエディタで開く。
次の修正を行う。
修正前:

require( dirname( __FILE__ ) . '/wp-blog-header.php' );

修正後:WordPress コアファイルの新ディレクトリ名を使います。

require( dirname( __FILE__ ) . '/sub/wp-blog-header.php' );

ファイルを上書き保存する。

注)パーマリンクを設定している場合、パーマリンク設定を開き、パーマリンク構造を更新してください。.htaccess に適切なパーミッションを設定してあれば、WordPress が自動で .htaccess を更新します。もし WordPress が .htaccess を書き換えられない場合、新しいリライトルールが表示されるので、(メインの index.php ファイルと同じディレクトリの).htaccess ファイル内へ手動でコピーしてください。

これで「http://example.com/」から、サブディレクトリ「sub」にインストールしたWordPressを表示させることができます。

◎ディレクトリ構成例
public_html (ドキュメントルート=公開ディレクトリ http://example.com/)
┣━ .htaccess ← wp/.htaccess からコピー。
┃ パーミッションを書き込み可能[1]にしておき、手順 10(7)で更新
┗┳ index.php ← wp/index.php からコピー。手順 8(5)で修正
 ┃
 ┗━ wp/ (新ディレクトリ)
      ┣━ wp-admin/ (ログイン)
      ┣━ wp-content/
      ┣━ wp-includes/
      ┣━ .htaccess → ルートへコピー
      ┣━ index.php → ルートへコピー
      ┗━ …

参照:WordPress Codex 日本語版
https://wpdocs.osdn.jp/WordPress_を専用ディレクトリに配置する

本サイトの内容に誤りや不正確な記述がある場合やサンプルに基づくいかなる結果も一切の責任を負いかねますので、あらかじめご了承ください。

-WordPress

執筆者:

関連記事

WordPress★記事にグラフを加える「WP Graphs & Charts」プラグインを試してみた!

記事中にグラフを加えたくて調べてみた。 実装には、プラグインを使う方法やjQueryを仕込む方法などさまざまあるみたい。 jQueryを仕込む場合は、後々のメンテナンスや更新もコード中心の記述になるの …

Wordprss★Stinger8の子テーマの表示崩れ

インストールしているSTINGER8のバージョンが「STINGER8ver20170614」以降の場合は、子テーマの設定を2箇所だけ調整する必要があります。参考サイト:https://lifool.c …

WordPress★Gutenbergにカスタムブロックをつくる 1

Gutenbergになったら、「TinyMCE テンプレート」というテンプレートプラグインが使えなくなってしまいました。 あらかじめ設定したひな形を呼び出して使えるのでとても便利だったのに。。。 この …

Anti-SPAM-Schild mit Mails im Hintergrund - orange

WP★スパム対策|日本語を必須にする& Google reCAPTCHA で2重のガード!

クライアントさまから「海外からのスパムメールが酷いので何とかならないか」と相談を受け、早速、対策をリサーチ。あまり難しいことをしなくても効果的な対策はないかなぁ。いろいろ調べて絞り込んだ2つの対策をや …

WordPress★一般設定からWordPressアドレスを間違って入力した場合の対処法

ダッシュボードからWordPressのアドレスを設定できるが、「WordPressアドレス」を間違って変更してしまった場合、サイトが正しく表示されないのはもちろん、管理画面にもアクセスできなくなる。 …

サイト制作・グラフィック制作をしているデザイナーです。制作で躓いたことの備忘録としてこのブログを始めました。
たくさんの検索結果から、実際に何度も何度も自分で試してみて、自分に合うなと思った方法やうまくいった方法をこのブログに書き留めています。
プログラム関係のことはもっぱらコピペ派。
自分でゴリゴリ書くことはできません。。。プログラムが分かる人がうらやましいです。
そんな私でもなんとかサイト制作ができるのはグーグル先生と貴重な情報をおしげもなく公開してくださっているたくさんの方々のおかげ。
有志のみなさまに日々感謝しつつ制作させていただいています。