WordPress

WordPress|twenty seventeen カスタマイズ準備|子テーマをつくる

投稿日:2018年9月3日 更新日:

デフォルトのテーマ「twenty seventeen」をカスタマイズする前の準備

テーマをカスタマイズするには、元になるテーマの子テーマを作り、その子テーマを改造していきます。元のテーマは変更しないようにします。
元テーマを直接編集すると、アップデートの際にデータが上書きされて、せっかくカスタマイズした内容が消えてしまうことがあるからです。

子テーマの作り方はとっても簡単。

  1. 「WordPressインストールディレクトリ / wp-content / themes」の中にフォルダを作成します。どのような名前でも良いのですが、わかりやすい名前にした方が管理しやすいです。今回は「twentyseventeenーchild」という名称のフォルダを作成しました。
  2. 「functions.php」と「style.css」というファイルを、いま作成したフォルダ「twentyseventeenーchild」の中に作成します。この2つのファイル中身は下の説明どうりに記載しておきます。
  3. WordPressの左サイドのメニューから「外観」を選ぶと「twentyseventeenーchild」が出来ているはずですので、これを有効化します。そうすると、子テーマが動作するようになり、子テーマにあるファイルを優先して動作するようになります。

その後、元テーマより子テーマにファイルをコピーしてカスタマイズしていきます。

<ディレクトリ構成>

└ wp-content
  └ themes
    ├ 元テーマフォルダ
    │
    └ 子テーマフォルダ
      │(↓ファイルを2つ作ります。)
      ├ functions.php
      └ style.css

 

子テーマ用の基本ファイルセットを作りました。
テーマと同じディレクトリにアップロードして「有効化」します。
ダウンロードはこちら↓
twenty seventeen 子テーマ 最小ファイルセット

 

ファイルに記載する内容

functions.php

スタイルシートを読み込んでいないようなら、下のコードを試してみてください。

 

style.css

ちょっと長いので、最少にすると。。。

これだけでOK。文字コードはUTF-8で保存します。

 

子テーマのスタイルシートが反映されないとき

デザイン変更して通常の再読み込みでデザイン変更されていない場合は、ブラウザに残っているキャッシュを強制的に無視して、サイトの情報法を全て読み込みし直すとよい。

それでもダメな時は

ブラウザによって操作は違いますが、過去の閲覧履歴等を消去してみましょう。

 

出典:http://wpdocs.osdn.jp/子テーマ





-WordPress

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

WordPress★Gutenbergにカスタムブロックをつくる 1

Gutenbergになったら、「TinyMCE テンプレート」というテンプレートプラグインが使えなくなってしまいました。 あらかじめ設定したひな形を呼び出して使えるのでとても便利だったのに。。。 この …

WordPress|メタ情報のいらない項目を非表示にする

サイドバーウィジェットにある「メタ情報」は全体を表示させるか非表示にするかの2択しかない。 必要な項目だけ表示させたいのでその方法を調べてみた。 このページのもくじ メタ情報のデータファイルウィジェッ …

サイト内で別ページの特定場所にリンクを貼るには

  サイト内で別のページの特定の箇所にリンクを張りたいとき。 エディターの「リンク」ボタンでは、別ページにはリンクを貼れますが、リンク先の特定の箇所を指定できません。 長いページの場合、リン …

WordPress|Twenty Nineteen トップページを固定ページにする

WordPressのダッシュボードから「外観」>「カスタマイズ」を選択。 「ホームページ設定」を選びます。 「ホームページ」と「投稿ページ」の2つに固定ページを割り当てます。 「+新規固定ページを追加 …

Wordprss★Stinger8の子テーマの表示崩れ

インストールしているSTINGER8のバージョンが「STINGER8ver20170614」以降の場合は、子テーマの設定を2箇所だけ調整する必要があります。 参考サイト:https://lifool. …

サイト制作・グラフィック制作をしているデザイナーです。制作で躓いたことの備忘録としてこのブログを始めました。
たくさんの検索結果から、実際に何度も何度も自分で試してみて、自分に合うなと思った方法やうまくいった方法をこのブログに書き留めています。
プログラム関係のことはもっぱらコピペ派。
自分でゴリゴリ書くことはできません。。。プログラムが分かる人がうらやましいです。
そんな私でもなんとかサイト制作ができるのはグーグル先生と貴重な情報をおしげもなく公開してくださっているたくさんの方々のおかげ。
有志のみなさまに日々感謝しつつ制作させていただいています。