WordPress

WordPress★Gutenberg 投稿ページでテンプレートを使えるようにする

投稿日:

「TinyMCE テンプレート」の代わりにGutenbergで記事のひな形を使う方法を調べていて、カスタムブロックを追加する方法を見つけたけれど、かなりハードルが高い。。。
でも、もっと簡単な方法があった!!

再利用ブロックを活用する

再利用ブロックに登録しておくと、他の記事でも何回でも呼び出して使えるようになります。
ただ再利用ブロックがテンプレートと違う点は、
再利用ブロックの内容を編集すると、記事内の再利用ブロックすべてが同じように編集されてしまうこと。
こうなると、記事ごとに内容を変えたい場合はテンプレートとしては使えません。

でも、ちょっと使い方を工夫すると、
テンプレートとして活用できるのです!!

1)複数のブロックをまとめて選択して、再利用ブロックに登録

2)再利用ブロックを通常のブロックに変換する

新たなブロックをつくり、「再利用可能」カテゴリから先ほど登録したブロックを呼び出す。

呼び出した再利用ブロックを通常のブロックに変換してやると、
だたのブロックになり、単体で自由に編集できるようになります。

 

使い方の工夫で、記事のひな形を作ることができますよ!
この方法なら「TinyMCE テンプレート」とほぼ似たような使い方ができそうです。

いろいろ調べていくと、
将来的にはプラグインでカスタムブロックを簡単に追加できるようになるらしいけど、今のところは未対応。
今後の開発に期待します(*^o^*)

 

 

本サイトの内容に誤りや不正確な記述がある場合やサンプルに基づくいかなる結果も一切の責任を負いかねますので、あらかじめご了承ください。

-WordPress

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

WordPress★テーマフォルダの画像を呼び出すときの画像リンクパスを短くする

WordPressのテーマフォルダ内の画像を固定ページや投稿記事内に呼び出すときは、httpsから始まるフルパスで指定するのが定番ですが、どうしてもパスが長くなってしまって不便です。 function …

no image

WordPress★カスタムフィールドを使って関連リンクを手動で埋め込む方法

SEOの「内部対策」のひとつ、 内部リンクの調整で大切なこと SEOには「内部対策」と「外部対策」の二つがあります。 内部対策は、Googleからクロール&インデックスされやすいようにHTMLソースを …

no image

WordPress★インストール後にやっておきたい設定

・パーマリンクの設定 方法1 「/%category%/%postname%/」のように、”カテゴリ+記事タイトル”を使う 方法2 「設定」>>「パーマリンク設定」を開きます。 「一般的な設定」欄で、 …

WP★フロントページの背景色を変更する★Twenty Seventeenをカスタマイズ04

フロントページの背景色をパネルごとに変更する方法 フロントページを複数指定している場合、設定した固定ページを順番に表示させています。 このとき 各セクションごとに背景色を変更する方法です。 CSSを追 …

WP★ページごとにnoindexの設定をする

サンキューページなど、検索したときに表示しなくてもよいページに「noindex」のメタタグをつけておくと、SEOに効果的とのこと。 下のタグをheader内に入れます。 <meta name=” …

サイト制作・グラフィック制作をしているデザイナーです。制作で躓いたことの備忘録としてこのブログを始めました。
たくさんの検索結果から、実際に何度も何度も自分で試してみて、自分に合うなと思った方法やうまくいった方法をこのブログに書き留めています。
プログラム関係のことはもっぱらコピペ派。
自分でゴリゴリ書くことはできません。。。プログラムが分かる人がうらやましいです。
そんな私でもなんとかサイト制作ができるのはグーグル先生と貴重な情報をおしげもなく公開してくださっているたくさんの方々のおかげ。
有志のみなさまに日々感謝しつつ制作させていただいています。