WordPress

WordPress★強制的にCSSのキャッシュを無効化する方法

投稿日:

サイトを修正した後でクライアント様に確認していただくとき、

「ブラウザのキャッシュを削除してから、もう一度ご確認いただけますでしょうか」

というやりとりをよ〜くやります。
せっかく修正したのに「直ってないよ〜」って返事がくると、がっかりします(泣)
クライアント様からこんな残念な答えが返ってこないように、ブラウザのキャッシュに依存させない方法を知ったので覚え書き。

GETパラメータを付与する

GETパラメータを付与すると、ブラウザが新しいcssとして読み込んでくれます。

GETパラメータとはファイルパスの末尾に付く?以降の「名前=値」で作られたもの。
一般的なWebサイトではGETパラメーターは使われていないことが多く、下のような感じで記載されています。

GETパラメーターを付与するには、「.css」の後ろに?ver=1.0.1の形でバージョン情報を追記します。

そうすると、「style.css」と「style.css?ver=1.0.1」は別物として扱われます。お客様のcssファイルを更新した際は?ver=1.0.1のような情報を付与して納品すると、キャッシュの影響を受けずに確認していただくことができるわけです。

さらに更新した場合は、style.css?ver=1.0.2のように数字を増やしていくだけ。
後々の管理もしやすくなります。

※ JavaScriptも同様にできます。

WordPressではfunctions.phpを修正する

WordPressでは、CSSやJavaScriptは、functions.phpで読み込み設定をしています。
一般的には下のようなコードが書かれているはず。

ここに、GETパラメーターを付与するには、バージョン部分を修正すればいいだけです。
上のサンプルで言うと、「1.0.0」の部分を「1.0.1」などに変更するだけ。

修正せずに上のままのコードで、ブラウザからHTMLソースを確認すると、「?ver=1.0.0」として出力されています。

 

以上、ブラウザのキャッシュに依存させずに、CSSの変更を確認してもらう方法でした!

本サイトの内容に誤りや不正確な記述がある場合やサンプルに基づくいかなる結果も一切の責任を負いかねますので、あらかじめご了承ください。





-WordPress

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

WordPress4.7.3★子テーマの作り方(Twenty Seventeen の場合)

  子テーマは、少なくとも 1つのディレクトリ(子テーマディレクトリ)と、2つのファイル(style.css と functions.php) から構成されます。以下を作成する必要があります。  子 …

WordPress|Twenty Nineteen トップページを固定ページにする

WordPressのダッシュボードから「外観」>「カスタマイズ」を選択。 「ホームページ設定」を選びます。 「ホームページ」と「投稿ページ」の2つに固定ページを割り当てます。 「+新規固定ページを追加 …

no image

WordPress★カスタムフィールドを使って関連リンクを手動で埋め込む方法

このページのもくじ SEOの「内部対策」のひとつ、 内部リンクの調整で大切なことWordPress上で関連リンクを設定するなら、 「プラグインによる自動埋め込み」より「手動埋め込み」がオススメ。「カス …

WordPress★コメント部分を簡易掲示板風にカスタマイズする

  WordPressのバージョンは4.7.3 コメント部分を掲示板風にカスタマイズ。変更内容は 1)コメントの入力フォームで不要な部分を非表示にする 2)入力フォームの文言を自由に変更する  3)コ …

WordPress★ログイン画面をカスタマイズする

ログイン画面のカスタマイズでつまずいたので、その時のメモ。 英語のサイトですが本家WordPress.orgのCodexにその解説があります。 https://codex.wordpress.org/ …

サイト制作・グラフィック制作をしているデザイナーです。制作で躓いたことの備忘録としてこのブログを始めました。
たくさんの検索結果から、実際に何度も何度も自分で試してみて、自分に合うなと思った方法やうまくいった方法をこのブログに書き留めています。
プログラム関係のことはもっぱらコピペ派。
自分でゴリゴリ書くことはできません。。。プログラムが分かる人がうらやましいです。
そんな私でもなんとかサイト制作ができるのはグーグル先生と貴重な情報をおしげもなく公開してくださっているたくさんの方々のおかげ。
有志のみなさまに日々感謝しつつ制作させていただいています。