WordPress

WordPress★ページごとに個別のCSSを読み込ませる方法★編集画面下にCSSを入力するエリアをつくる

投稿日:2019年11月26日 更新日:

WordPressはCSSを「style.css」に記述していくのが一般的な方法。
一つのファイルにまとめて書くとものすごい量になってしまうので、もっとスッキリさせたい!
ページごとに読み込む方法はいくつかありますが、先日使った「emanon」というテーマで、新規ページの編集画面に個別のCSSを書き込む欄があり、とても便利だったので作り方を調べてみた。

やり方は、functions.phpをカスタマイズします。
下の2つの方法が良さそうでした。

ヘッダーに個別のCSSファイルを読み込む方法
https://shufulife.com/addtohead/

ヘッダーにファイルを読み込む+ページに書き込む欄を作る方法
https://oku-log.com/blog/page-custom/

今回は、「ヘッダーにファイルを読み込む+ページに書き込む欄を作る方法」を試してみました。
ヘッダーにファイルを読み込ませる場合は、フルパスで下のように記述。

 

チョー快適に、サクサク動いてます!
いつもながら、作者さまに感謝!!

★コードを転載。

 

参考にさせていただいたサイト:https://shufulife.com/addtohead/

本サイトの内容に誤りや不正確な記述がある場合やサンプルに基づくいかなる結果も一切の責任を負いかねますので、あらかじめご了承ください。





-WordPress

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

no image

WordPress★カスタムフィールドを使って関連リンクを手動で埋め込む方法

このページのもくじ SEOの「内部対策」のひとつ、 内部リンクの調整で大切なことWordPress上で関連リンクを設定するなら、 「プラグインによる自動埋め込み」より「手動埋め込み」がオススメ。「カス …

WordPress★「検索」をカスタマイズする

検索機能を作るのに必要なファイルは下の2つです。 検索結果を表示する search.php 検索フォームを作る searchform.php 今回は、1からテーマを作ったので、「search.php」 …

WP★ContactForm7 送信後に異なる URL にリダイレクトさせる

Contact Form 7 プラグインでお問い合わせや申し込みフォームを作成すると、送信完了後にメッセージが出るだけで完了ページには遷移しません。 メッセージだけだと、送信が完了したことに気付かずに …

WP★flamingoでダウンロードしたCSVを文字化けさせずにExcelで開く方法

flamingoからダウンロードしたCSVファイルは、文字コードがutf-8なので、エクセルで開くと100%文字化けします。Windowsのメモ帳で文字コードを変更して上書き保存すればOKなのですが、 …

WPテーマカスタマイズ★「Emanon Free」編 vol. 1

このページのもくじ テーマの入手方法head内にfunctions.phpを使ってjsやcssを追加する方法パーマリンクとURLスラッグコピーライトを編集する テーマの入手方法 このテーマは、テーマの …

サイト制作・グラフィック制作をしているデザイナーです。制作で躓いたことの備忘録としてこのブログを始めました。
たくさんの検索結果から、実際に何度も何度も自分で試してみて、自分に合うなと思った方法やうまくいった方法をこのブログに書き留めています。
プログラム関係のことはもっぱらコピペ派。
自分でゴリゴリ書くことはできません。。。プログラムが分かる人がうらやましいです。
そんな私でもなんとかサイト制作ができるのはグーグル先生と貴重な情報をおしげもなく公開してくださっているたくさんの方々のおかげ。
有志のみなさまに日々感謝しつつ制作させていただいています。