WordPress Interenet

WordPress レンタルサーバーからローカルへコピー 備忘メモ

投稿日:

<準備>
(1)レンタルサーバーから運用中のWordpressをそっくりそのままダウンロードする。
(2)レンタルサーバーのphpMyAdminを使ってデータベースをエクスポートする。(SQL形式)
DROP TABLE / VIEW / PROCEDURE / FUNCTIONを追加
ファイルに保存する
の2箇所にチェックを入れて、「実行する」をクリック。
(3)「Search-Replace-DB-master」をダウンロードする。

↓ データをローカルへコピーする

(4)レンタルサーバーからダウンロードしたWordpressをローカル環境に移動。
ローカル環境の phpMyAdminをつかって、書き出したデータベースをインポートする。
(5)wp-config.phpを開き、データベース情報をローカル環境のものに書き換える。DB_HOSTをローカル環境のホスト名に書き直す。
1行目がデータベース名、2行目がDBユーザ名、3行目はDBユーザーがデータベースへアクセスするためのパスワード、4行目がMySQLデータベースのホスト名。

define('DB_NAME', 'ローカルのデータベース名');
define('DB_USER', 'root
'); ←MAMPの場合
define('DB_PASSWORD', 'root'); ←MAMPの場合
define('DB_HOST', 'localhost');

↓ この段階ではまだローカルで稼働しません!

まだSQLファイルの中身がレンタルサーバー上のドメイン名のままになっているので、これをローカル環境のドメインに書き換える作業が必要。
「Search-Replace-DB-master」を解凍し、wp-config.phpと同じディレクトリにフォルダごと移動。
ブラウザで「ローカル環境のURL/Search-Replace-DB-master/」でアクセスする。
例)http://localhost/Search-Replace-DB-master/

●search/replace
replace:置換前のアドレス(レンタルサーバーでのURL)
with:置換後のアドレス(ローカルでのURL)
●database
ローカルのデータベース情報がはいっていることを確認する。
●actions
「dry run」:置換テスト
「live run」:置換を実行
★「live run」を実行する前にはSQLファイルのバックアップを撮っておくこと。

これで置換作業は完了。

確認作業としてブラウザから http://localhost/(ローカルのURL) でアクセスしてサイトが正常に閲覧できるかどうかを確認。

本サイトの内容に誤りや不正確な記述がある場合やサンプルに基づくいかなる結果も一切の責任を負いかねますので、あらかじめご了承ください。

-WordPress, Interenet

執筆者:

関連記事

WordPress★「Search-Replace」で「The table “wp_ewwwio_queue” has no primary key.」っていうエラーがでたときの対処法

データベースの置換スクリプト「Search Replace」を実行する際に、事前テストでチェックするのがお約束。いつもはなにも問題がないのだけれど、「dry run」ボタンを押してテストすると、エラー …

WordPress|Twenty Nineteen トップページを固定ページにする

WordPressのダッシュボードから「外観」>「カスタマイズ」を選択。 「ホームページ設定」を選びます。 「ホームページ」と「投稿ページ」の2つに固定ページを割り当てます。 「+新規固定ページを追加 …

WordPress|twenty seventeen カスタマイズ|フッターの「Proudly powered by WordPress」を変更したい!

デフォルトで表示されている「Proudly powered by WordPress」を変更するファイルはテーマフッター「footer.php」ではありません。 「themes/twentyseven …

WordPress|Twenty Nineteen 固定ページをカスタマイズするときに編集するファイル

themes > Twenty Nineteen > page.phpファイルを複製 複製してできたpage copy.phpファイルを子テーマのフォルダに移動 page copy.php …

WPテーマカスタマイズ★「Emanon Free」編 vol. 1

テーマの入手方法 このテーマは、テーマの作者が運営する公式サイトからダウンロードして入手します。 emanon free 公式サイト テーマをダウンロードするには、メールアドレスの登録が必要です。 登 …

サイト制作・グラフィック制作をしているデザイナーです。制作で躓いたことの備忘録としてこのブログを始めました。
たくさんの検索結果から、実際に何度も何度も自分で試してみて、自分に合うなと思った方法やうまくいった方法をこのブログに書き留めています。
プログラム関係のことはもっぱらコピペ派。
自分でゴリゴリ書くことはできません。。。プログラムが分かる人がうらやましいです。
そんな私でもなんとかサイト制作ができるのはグーグル先生と貴重な情報をおしげもなく公開してくださっているたくさんの方々のおかげ。
有志のみなさまに日々感謝しつつ制作させていただいています。