InDesign

InDesign★スクリプトでルビ振りを楽ちんに!

投稿日:

ある案件で、本文の漢字すべてにルビを振らなくちゃいけなくなった。
ひとつずつ選んでルビを振ってたんじゃぁ、手間がかかって作業効率悪すぎ。
そこで、半自動でできないか、探してみた。

InDesignにはスクリプトを読み込んで作業を自動化する機能が備わっている。これを活用できれば、ルビ振りが楽にできるはず!

だれか夢のようなスクリプトを配布してないかなーーーって思っていたら、あったんですよ!! じゃじゃぁ〜〜〜ん!!

rubyAlfa.jsx

ダウンロードはこちら▶https://adodtp.com/AdoSrc.html

使い方はこちら(スクリプトの制作者さんの解説です)▶
https://cat.adodtp.com/2017/01/30/?p=1579

インデザインへスクリプトを追加する方法はこちらで紹介してます。
インデザインへスクリプトを追加する方法(過去記事)

早速、ルビ振りスクリプトを使ってみた

<事前準備>
ルビの設定を「グループルビ」になるように段落スタイルで設定しておく

ルビを振りたいテキストボックスを選択したら、パネルから「スクリプト」を選び、実行したいスクリプト名をWクリック。

パネルから「スクリプト」を表示させる
実行したいスクリプト名をダブルクリック

ルビを入力する小窓がでてくるので、どんどん入力していく。

小窓の下部のボタン
・登録…辞書に登録されていきます。
・Cancel…ルビを振らずに、次の漢字へ移動します。
・中止…スクリプトを中止します。

ルビが振れました!
これですごく作業効率があがりました。
同じ作者さんで、Wordでルビを振ってある原稿を、ルビ付きでインデザインに取り込むスクリプトもあります。
素敵すぎ!!

本サイトの内容に誤りや不正確な記述がある場合やサンプルに基づくいかなる結果も一切の責任を負いかねますので、あらかじめご了承ください。

-InDesign

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

Dual Screen Programming Coding  - 200degrees / Pixabay

Adobe InDesign スクリプトの追加方法

インデザインをグッと便利にしてくれるスクリプト。うまく使いこなすと作業効率が格段にアップします。 まずは、WEB上で配布されているスクリプトを今使っているInDesignに取り込む方法を忘れないように …

サイト制作・グラフィック制作をしているデザイナーです。制作で躓いたことの備忘録としてこのブログを始めました。
たくさんの検索結果から、実際に何度も何度も自分で試してみて、自分に合うなと思った方法やうまくいった方法をこのブログに書き留めています。
プログラム関係のことはもっぱらコピペ派。
自分でゴリゴリ書くことはできません。。。プログラムが分かる人がうらやましいです。
そんな私でもなんとかサイト制作ができるのはグーグル先生と貴重な情報をおしげもなく公開してくださっているたくさんの方々のおかげ。
有志のみなさまに日々感謝しつつ制作させていただいています。