Mac Tips

CSVファイルの項目をダブルクォーテーションの囲みアリに変更する方法

投稿日:

Data Technology Earth Innovation  - geralt / Pixabay

会計ソフトに仕訳データをインポートする際に、カンマ区切りのCSVだと読み取ってくれず、ダブルクォーテーションで囲む必要がでてきた。
エクセルやMacのNumbersから一発で書き出すことができず、
テキストエディタの検索置換を使って囲みアリに変更したので、
その手順をメモしておく。

CSVファイルをテキストエディタで開く

下の画像は、Numbersで書き出したCSVファイルをテキストエディタで開いたところ。
各項目は、それぞれカンマ「,」で区切られている。
今回使用したテキストエディタは「Jedit」。

CSVに書き出す際には、文字コードも確認しておくこと。
アプリによっては「Shift-JIS」で書き出さないとうまく読み込めない場合がある。
Macのデフォルトは「UTF-8」。

検索・置換を使って「”」を追加する

テキストエディタの検索・置換機能を使う。
まずは、カンマ「,」をダブルクォーテーション「”」付きに変更する。

上の検索・置換をすると、カンマ「,」の部分が「”,”」に置き換わり、
ほとんどの項目がダブルクォーテーションで囲まれた。

この状態だと、行頭と行末には、まだダブルクォーテーション「”」がないので、すべての項目が囲まれた状態にはなっていない。
引き続き、「検索・置換」を実行して行頭と行末に「”」を追加していく。

行末の処理

まずは、行末の改行を置き換える。
テキストエディタで不可視文字を表示させ、下の画像のように、改行記号をダブルクォーテーション「”」つきの改行に置き換える。

この処理で、行末の改行記号の前にダブルクォーテーション「”」がはいり、
次の行の行頭にも「”」が付く。

仕上げ

いよいよ、最後の処理。
1行目の行頭に「”」を入力する。

最終行に「”」と改行記号を追加。

 ↓

最後に改行記号がないとうまく読み込まなかったので、
このひと手間を加えました。
これで完成!!

参照サイト:Excel に消された CSV のダブルクォーテーションを元に戻したい

CSVについての解説はこちらに詳しくありました。
ありがとうございます!
CSVファイルフォーマットの解説

本サイトの内容に誤りや不正確な記述がある場合やサンプルに基づくいかなる結果も一切の責任を負いかねますので、あらかじめご了承ください。

-Mac Tips

執筆者:

関連記事

Webアプリを一元管理できる「Stack」で複数のTwitterアカウントを登録するには?

サクサク快適にWebアプリを一元管理できると人気の「Stack」。 複数のSNSアカウントが登録できることも売りなので、さっそく使ってみたけれど、登録にコツがいるので覚え書き。 Twitterを右側の …

MacTips★アイコン画像を取り出して画像ファイルとして利用するには?

ファイルのアイコン画像を「画像ファイル」として取り出す方法。 取りだした画像は、単なる「画像ファイル」になるので、他のソフトやウェブサイトなんかでもバンバン利用できるようになります。特別なソフトは不要 …

Mac用のバックアップソフト|Sync!Sync!Sync!

  Sync!Sync!Sync!とTimeMachineの違い Macには標準で自動でバックアップできる「TimeMachine」という機能があります。これは「イメージ作成型バックアップ」 …

no image

msgってなに? MSGファイルをMACで見るには?

.msgとは? .msgとは、Microsoft社の統合管理ツール「Outlook」において作成されたメッセージファイルに付く拡張子のことである。 Outlookで作成・保存された、電子メールやメモな …

Mac ローカルでSQLを動かしてみる|TablePlusを使ってみた|超初心者向け

ワードプレスで使っている画像リンクを置き換える作業が発生し、クライアントさんからリンク状況の一覧を出して欲しいとの要望がきました。 知り合いに相談すると、「データベースのバックアップsqlから任意のU …

サイト制作・グラフィック制作をしているデザイナーです。制作で躓いたことの備忘録としてこのブログを始めました。
たくさんの検索結果から、実際に何度も何度も自分で試してみて、自分に合うなと思った方法やうまくいった方法をこのブログに書き留めています。
プログラム関係のことはもっぱらコピペ派。
自分でゴリゴリ書くことはできません。。。プログラムが分かる人がうらやましいです。
そんな私でもなんとかサイト制作ができるのはグーグル先生と貴重な情報をおしげもなく公開してくださっているたくさんの方々のおかげ。
有志のみなさまに日々感謝しつつ制作させていただいています。