WordPress

WPで「永続的なオブジェクトキャッシュは有効化されていません」に対処したときのメモ

投稿日:

Confused Question Marks Boy  - milaoktasafitri / Pixabay

WordPressのダッシュボードに「サイトヘルス」の表示をさせています。
最近「永続的なオブジェクトキャッシュは有効化されていません|AMP」というエラーがずっと出っぱなし。

???

何をどうすればいいのかわからないので、早速Google先生に聞いてみると、どうやらプラグインをインストールすれば一発で解消できるみたい。
実際にやってみたのでメモしておきます。

プラグインをインストールする

ダッシュボードのプラグイン→新規追加をえらんで、「Redis Object Cache」というプラグインをインストールします。

プラグインが見つかったら、「今すぐインストール」ボタンをクリック。

インストールが済んだら「有効化」ボタンをクリックして有効化しておきます。

プラグインの設定をする

プラグインの「setting」を開きます。

「Enable Object Cache」というボタンをクリックするだけ。

完了するとボタンの色が反転します。

設定は以上です。
もう一度サイトヘルスで確認してみると、エラーは消えていました!!
簡単にできてよかったーーーー(^▽^)

本サイトの内容に誤りや不正確な記述がある場合やサンプルに基づくいかなる結果も一切の責任を負いかねますので、あらかじめご了承ください。

-WordPress

執筆者:

関連記事

WPプラグイン「Crayon Syntax Highlighter」のテーマ一覧

WordPressでコードを表示させるプラグインで「Crayon Syntax Highlighter」というのがあります。表示させるテーマもたくさんあって便利なのですが、どのテーマがどんな風にみえる …

WordPress★Crayon Syntax Highlighter プラグインのテーマが一覧できるサイト

    「Crayon Syntax Highlighte」は、コードをハイライト表示してくれる便利なプラグイン。 使っている人も多いのではないでしょうか。 とっても便利なプラグイ …

WP★ContactForm7 送信後に異なる URL にリダイレクトさせる

Contact Form 7 プラグインでお問い合わせや申し込みフォームを作成すると、送信完了後にメッセージが出るだけで完了ページには遷移しません。 メッセージだけだと、送信が完了したことに気付かずに …

WP★All-in-one-wp-migrationのアップロードサイズを無料で増やす

「all-in-one-wp-migration」は、リモート環境からローカル環境に引っ越してテスト環境を簡単に作れるプラグインですが、ローカル環境にインポートするときに「容量オーバー」でインポートで …

WordPress|Twenty Nineteen トップページを固定ページにする

WordPressのダッシュボードから「外観」>「カスタマイズ」を選択。 「ホームページ設定」を選びます。 「ホームページ」と「投稿ページ」の2つに固定ページを割り当てます。 「+新規固定ページを追加 …

サイト制作・グラフィック制作をしているデザイナーです。制作で躓いたことの備忘録としてこのブログを始めました。
たくさんの検索結果から、実際に何度も何度も自分で試してみて、自分に合うなと思った方法やうまくいった方法をこのブログに書き留めています。
プログラム関係のことはもっぱらコピペ派。
自分でゴリゴリ書くことはできません。。。プログラムが分かる人がうらやましいです。
そんな私でもなんとかサイト制作ができるのはグーグル先生と貴重な情報をおしげもなく公開してくださっているたくさんの方々のおかげ。
有志のみなさまに日々感謝しつつ制作させていただいています。