CSS

CSSが更新されない!CSSのキャッシュを自動で読み直すWEBサイト更新テクニック

投稿日:

coding programming css 1853305

WEBサイトの更新時、クライアントさまから

クライアント:「更新されていませんよ」

私:「お手数ですがキャッシュの削除をお願いできますか?」

クライアント:「キャッシュって何?…」

という不毛なやりとりをすることが多くて、
なんとかならないかなーって思ってました。

更新が反映されない原因は、CSSが更新されていないから。
見ているブラウザのキャッシュを削除しないと、
前のデータが残ったままになっているのです。

CSSが更新されない問題を解決する方法を試したら、うまくいったのでシェアしまーす!

CSSが更新されないときの対処法

HTMLの場合

対処方法は、CSSファイルを読み込む時にパラメーターを付与します。

HTML

<link rel="stylesheet" href="style.css?20240110">
<link rel="stylesheet" href="style.css?var=001">

ファイル名の後ろに「?」とバーションや日付けを追加します。

PHPを使う場合

PHP

<link rel="stylesheet" href="style.css?<?php echo time(); ?>">

もとのファイルがHTMLだった場合はPHPにするのを忘れずに。
例)index.html → index.php

WordPressでCSSキャッシュをクリアにする方法

CSSファイルをアップロードしたときに自動で日時を付与させることができます。
CSSファイルを読み込んでいる「header.php」などを開いて編集します。

PHP

<link href="./css/style.css?=<?php echo date('YmdHis'); ?>">

<?php echo date('YmdHis'); ?>でファイルがアップロードされた時間を取得します。
取得するのは「年月日時分秒」となっています。

これでブラウザに常に新しいファイルだと認識させることができます。
取得する日付は協定世界時のUTCになっているので、日本時間より9時間ずれた時間になっています。

参考にさせて頂いたサイト:
https://suzunon.com/web-develop/css/cache-delete/#toc2
https://hajimete.org/force-cache-reload
https://www.merges.co.jp/archives/745

本サイトの内容に誤りや不正確な記述がある場合やサンプルに基づくいかなる結果も一切の責任を負いかねますので、あらかじめご了承ください。

-CSS

執筆者:

関連記事

CSS★装飾テクまとめ

  ちょっとした装飾をしたいときに使えるコードを探していたときの備忘録。   2016年の記事なので少し古め。 コピペで実装できる、最新ウェブテクHTML/CSSコードスニペット4 …

CSS★テキストにグラデーションをつける

文字にグラデーションカラーをつけるといえば、イラストレーターなどで画像を用意してからサイト内に配置というのがお約束だったんだけど、CSSだけで実現できるようになりました。 先日の勉強会で習ったばかりの …

CSS★floatの解除にclearfix

floatの解除方法はいくつかありますが、 clearfixを使う方法が1番使い勝手がよいのでメモ。 floatを設定すると、要素が浮くことになり、 高さが消失してしまいます。 きちんとfloatを解 …

CSS★CSS変数で色の管理を楽にする!

プログラミングでは「変数」ってよく使いますが、CSSでも使えるようになってました!サイト制作では、CSSがドンドン長くなって、あとで修正するのが大変になりますよね。特に、色を変える時は、ひとつずつカラ …

olタグで丸括弧付きの数字にする方法

olタグで丸括弧()付きの数字にしたかったので、CSSで設定する方法を調べてみました。いろいろと試した結果、下記の設定で上手くいったのでメモしておきます。CSSの書き方によっては、2行目のインデントが …

サイト制作・グラフィック制作をしているデザイナーです。制作で躓いたことの備忘録としてこのブログを始めました。
たくさんの検索結果から、実際に何度も何度も自分で試してみて、自分に合うなと思った方法やうまくいった方法をこのブログに書き留めています。
プログラム関係のことはもっぱらコピペ派。
自分でゴリゴリ書くことはできません。。。プログラムが分かる人がうらやましいです。
そんな私でもなんとかサイト制作ができるのはグーグル先生と貴重な情報をおしげもなく公開してくださっているたくさんの方々のおかげ。
有志のみなさまに日々感謝しつつ制作させていただいています。