FileMaker

ファイルメーカー★1つ前のレコードの値を取得する

投稿日:

1つ前のレコードの値は下の関数で取得できます。

GetNthRecord ( フィールド名 ; Get ( レコード番号 ) - 1 ) 

ファイルメーカー公式サイトヘルプ

関数 GetNthRecord

指定したレコード番号のフィールド名の内容を返します。

構文 

GetNthRecord ( フィールド名 ; レコード番号 )

引数 

フィールド名 →任意の関連フィールド、繰り返しフィールド、またはフィールドまたは繰り返しフィールドを返す式
レコード番号 →データが必要なレコード番号

戻り値のデータタイプ 

テキスト、数字、日付、時刻、タイムスタンプ、オブジェクト

説明 

GetNthRecord() の結果は、GetNthRecord() により参照されたレコードが、現在計算式が評価されているレコード以外である場合には更新されません。
現在のテーブルの GetNthRecord は、現在のテーブルのソート基準に従って、対象レコードの N 番目のレコードを返します。
関連のテーブルの GetNthRecord は、リレーションシップのソート順序に基づいて、(現在のレコードに対する) 関連レコードの N 番目のレコードを返します。

GetNthRecord ( 名 ; 2) 
 →現在のテーブルのレコード2 の [名] フィールドの内容を返します。

GetNthRecord ( 名 ; Get (レコード番号) + 1 )
 →現在のテーブルの次のレコードの [名] フィールドの内容を返します。

GetNthRecord ( 連絡先::名 ; 2 ) 
 →連絡先テーブルのレコード2 の [名] フィールドの内容を返します。

GetNthRecord ( 連絡先::繰り返しあり [2] ; 2 ) 
 →連絡先テーブルのレコード2 の [繰り返しあり] フィールドの 2 番目の繰り返しの内容を返します。

出展:FileMaker Pro 16 リファレンス>関数リファレンス>倫理関数

本サイトの内容に誤りや不正確な記述がある場合やサンプルに基づくいかなる結果も一切の責任を負いかねますので、あらかじめご了承ください。

-FileMaker

執筆者:

関連記事

ファイルメーカー★値一覧で任意の初期値を指定する

  値一覧を設定したフィールドで、あらかじめ任意の項目を選択した状態にしておく方法。 「ファイル 」>「管理」>「データベース」>「フィールド」へ行き、 右下にある「オプション」ボタンを押し …

ファイルメーカー★コピー&ペーストを行った場合の書式を取り除く

  フィールド内にコピー&ペーストを行った場合、書式もペーストされてしまい、フィールド内のフォントがバラバラになってしまうことがあります。いちいちフォントやサイズを選び直すのは面倒な …

ファイルメーカー★空白フィールドの検索方法

日付フィールドが空のレコードだけリストアップしいときのスクリプト。 ファイルメーカーの検索条件では、 フィールドを空のまま検索実行しても、 こんなエラーがでて思うような結果がでない。 どうすればいいの …

ファイルメーカー|住所録 自動的に敬称をつける

氏名や会社名の後に自動的に敬称がつくようにしたい! ファイルメーカーで住所録をつくっています。今回は、ハガキや封筒に宛名をプリントする際に、自動で敬称がつくようにする方法を考えてみました。 住所録デー …

ファイルメーカーでの検索いろいろ

  フィールド値を変数へ代入 そのフィールドを計算値自動入力(既存値置き換え)にする。 Let ( $$検索条件 = Self ; Self )   スクリプトにて、複数条件のレコ …

サイト制作・グラフィック制作をしているデザイナーです。制作で躓いたことの備忘録としてこのブログを始めました。
たくさんの検索結果から、実際に何度も何度も自分で試してみて、自分に合うなと思った方法やうまくいった方法をこのブログに書き留めています。
プログラム関係のことはもっぱらコピペ派。
自分でゴリゴリ書くことはできません。。。プログラムが分かる人がうらやましいです。
そんな私でもなんとかサイト制作ができるのはグーグル先生と貴重な情報をおしげもなく公開してくださっているたくさんの方々のおかげ。
有志のみなさまに日々感謝しつつ制作させていただいています。