WordPress

「SyntaxHighlighter Evolved」が「TinyMCE」を使うとコード表示されない!

投稿日:2016年8月31日 更新日:

記事内にソースコードをそのまま表示させるには「SyntaxHighlighter Evolved」というプラグインがよく使われていますが、ビジュアルエディタを使っていると、これがうまく表示されない。

プラグインのコメントに「ヒント:コードを台無しにされたくないのであれば、ビジュアルエディターを使わないでください。TinyMCEはHTMLを”クリーンアップ”してしまいます。」とありました。

ええっ! ビジュアルエディタが使えないの!?

なんとか両方使えないかと、探してみたら…
ありました!!

SyntaxHighlighter TinyMCE Button」という拡張プラグインがあったんですね。
ただ、このプラグイン、もう更新していないらしく新しいバージョンのワードプレスだと互換性が無いかもしれないとの注意が。。。

ダメ元でインストールして有効化。

SyntaxHighlighter_TinyMCE_Button_Options_‹_WEB-Geek_—_WordPress

設定>SH TinyMCE Buttonで設定画面を開いて、「使用中のプラグイン」のところを「SyntaxHighligher Evolved」を選択して「設定を保存」をクリック。

plugin001

ビジュアルエディターの右上に「pre」「code」の青い文字が追加されます。
pre:既存のコードがあるとき、コードを選択してからここをクリック。
code:新しくコードを入力するときにクリック。するとポップアップウインドウがでてくるのでそこにソースコードを入力します。
スクリーンショット 2016-08-31 3.18.34

どきどき。

うまくいきました!!

このプラグインを探してくれた人、ありがとう〜!!
参考:http://accelboon.com/tn/?p=704

本サイトの内容に誤りや不正確な記述がある場合やサンプルに基づくいかなる結果も一切の責任を負いかねますので、あらかじめご了承ください。

-WordPress

執筆者:

関連記事

WordPress|twenty seventeen カスタマイズ準備|子テーマをつくる

デフォルトのテーマ「twenty seventeen」をカスタマイズする前の準備 テーマをカスタマイズするには、元になるテーマの子テーマを作り、その子テーマを改造していきます。元のテーマは変更しないよ …

WordPrss★テンプレートを投稿記事ごとに替える

テンプレートを投稿記事ごとに替える 固定ページは、phpファイルを作っておけばテンプレートとして選べるようになるけれど、投稿ページで、テンプレートを作るにはどうしたらいいのだろう。。。 WordPre …

White Background Cubes Architecture  - icame / Pixabay

WordPress★自由にファイル名を決められるカスタムテンプレートでパーツ化する

カスタムテンプレートは自由なファイル名でパーツ化することができる テーマを自作していると、細かくモジュール(パーツ)を作りたいことがあります。カスタムテンプレートを利用すると、自由にファイル名を付けて …

no image

WordPress★カスタムフィールドを使って関連リンクを手動で埋め込む方法

SEOの「内部対策」のひとつ、 内部リンクの調整で大切なこと SEOには「内部対策」と「外部対策」の二つがあります。 内部対策は、Googleからクロール&インデックスされやすいようにHTMLソースを …

WordPress★ログイン画面をカスタマイズする

ログイン画面のカスタマイズでつまずいたので、その時のメモ。英語のサイトですが本家WordPress.orgのCodexにその解説があります。https://codex.wordpress.org/Cu …

サイト制作・グラフィック制作をしているデザイナーです。制作で躓いたことの備忘録としてこのブログを始めました。
たくさんの検索結果から、実際に何度も何度も自分で試してみて、自分に合うなと思った方法やうまくいった方法をこのブログに書き留めています。
プログラム関係のことはもっぱらコピペ派。
自分でゴリゴリ書くことはできません。。。プログラムが分かる人がうらやましいです。
そんな私でもなんとかサイト制作ができるのはグーグル先生と貴重な情報をおしげもなく公開してくださっているたくさんの方々のおかげ。
有志のみなさまに日々感謝しつつ制作させていただいています。